トップ

窓の設置に関する情報

新着情報

工務店と窓のことについて 

自宅の一戸建てには、各部屋に窓が2か所ずつ付いています。6年ほど前に引越してきましたが、その時の網戸はぼろぼろでした。それも築30年ほどが経つためです。私自身で、網戸の網をホームセンターで買ってきて張り替えをしましたが結構な手間でした。その網戸も、ところどころに穴が開いてしまい再度張り替えなければならないと思っています。自分で張り替えるのは手間ですし手が痛くなるので、次は工務店に依頼しました。再度自分で張り替えるより、よほど楽でいいですし、耐久性も違うのか、だいぶもったので、始めからお願いすればよかったです。

風通しの良い引違い窓 

工務店に新築の依頼をする際には、日照状況を良くする目的と風通しの良さを得るために引違い窓を選択するのが良い方法です。開口部はガラスの面が大きくなるほど陽の入りが良くなりますし、開けた場合の風通しがよくなります。現在では建築コストを抑える目的で小さな窓が使われるようになっていますが、快適性はその分損なわれてしまいます。工務店の注文住宅は希望通りの条件で新築することが可能ですから、窓にもこだわりを取り入れることが大切です。引違い窓は面積を小さくすることでコストを抑えることが可能ですから、部屋によって大きさを変えれば経済性が高まるのです。

工務店,窓